制御機器、電子部品、IoTプロダクツでソリューションを提供する専門商社

English中文(簡体字)

IoT/M2Mソリューション

マルチ・データボックス|シュナイダーエレクトリック

Product Search(プロダクトサーチ)

データ収集機器 マルチ・データボックスは、操作・表示を必要としない装置のネットワーク化を容易に実現します。

新規設備はもちろん、既存設備への後付けに適しており、シリアルやEthernet経由の情報、さらにはI/O情報をMDB介して取得。装置まるごとネットワーク化が可能です。

システム構成

マルチ・データボックスのラインアップ

  • SP5000
  • Pro-face IoT Gateway
  • LT4000M
  • GP4000M
  • FANUC専用

ラインアップ一覧(proface.com)

マルチ・データボックスの特長

  • SP5000モデルは、Ethernet 3ポート標準搭載でシリアル×2、Ethernet×2計4ドライバーを同時に利用可能
  • 異なるメーカー、新旧のPLCデータをプログラムレス収集
  • LT4000Mモデルは、DIOモデル、DIO+AIOモデルの2種類、4型式をラインアップでI/O機器データもまとめて収集
  • Pro-face IoT Gatewayは、高解像度VGA, WVGA, SVGAの3パターンから選択可能
  • Pro-face Remote HMIやGP-Viewer EXなどのソフト/アプリケーションを使用して必要な時に画面を確認

関連リンク

マルチ・データボックスカタログ

EcoStruxure マシンアドバイザー

マルチ・データボックスのカタログはこちら。

ダウンロードする(9.2MB)

Pro-face IoT Gateway

Pro-face IoT Gatewayのリーフレットはこちら。

ダウンロードする(1.2MB)

お問い合わせ
お問い合わせ
TEL/FAXお問い合わせ
関連キーワード
マルチ・データボックス Pro-face シュナイダー

関連記事

Categories
  • PSU6200
  • kitagawa-banner
  • 興和化成ダクト加工
  • スタンレー電気LED
  • EcoStruxure Augmented Operator Advisor