制御機器、電子部品、IoTプロダクツでソリューションを提供する専門商社

English中文(簡体字)

安全ソリューションデー

配線工数「マイナス7時間」圧倒的な省配線に加えセンサの見える化も実現|エニイワイヤ

Product Search(プロダクトサーチ)

装置の高機能化により、I/O点数は増える一方。際限なく増え続けていく配線に悩みを抱えているケースは多いと思われます。

「AnyWireASLINK」は、ネットワーク直結による大幅な省配線と省スペース化を実現するとともに、センサの見える化も可能にします。「多数のセンサを配線する設備を改善し製造効率アップを図りたい…」そんなニーズにこたえます。

バラ配線と比べ「マイナス7時間」の工数削減

「AnyWireASLINK」のメリットを、従来のバラ配線パネルの配線作業と比較して紹介してみましょう。

まずは従来のバラ配線。近接センサやシリンダセンサ、光電センサ、ファイバアンプ、その他ランプ、ブザー、マニホールド等々、これらをすべて一本一本配線していく方法では、入力20点・出力10点で、使用ケーブル長は90m、配線作業時間は8時間5分という結果となりました。

一方の「AnyWireASLINK」は、図のようにリモートI/Oでスッキリしたシステム構築が可能。中継ボックスレスによる大幅な省配線と省スペース化を実現します。

バラ配線と同条件(入力20点・出力10点)のテストでは、使用ケーブル長は25mに短縮、さらに配線作業時間は1時間8分という結果になりました。工数はなんと7時間減。その差は一目瞭然です。

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

項目 従来のバラ配線 AnyWireASLINK
使用ケーブル長 90m 25m
配線作業時間 8時間5分 1時間8分

省配線に加え「各種センサの見える化」など多彩な付加価値も

こうした省配線技術に加え、「AnyWireASLINK」は徹底した“現場目線”から生み出された多彩な付加価値を持ちます。

AnyWire省配線の特長

  • 伝送媒体を選ばないフリーケーブル
  • 2芯での伝送
  • 分岐制限なしのトポロジーフリー
  • 高いノイズ耐性
  • 容易な接続と分岐

AnyWireの付加価値

  • センシングレベルの監視
  • 上位コントローラより感度やしきい値などを設定可能

ダウンタイム短縮、稼働率向上に貢献

このようにAnyWireは省配線だけでなく、センサ状態を監視しダウンタイム短縮を図ることも可能。工数削減と予防保全、稼働率アップに貢献します。

ご興味を持たれた方はぜひ高木商会までご連絡ください。

関連リンク

「AnyWireASLINK」カタログ

Push-in_SU

「AnyWireASLINK」カタログはこちら

ダウンロードする(20.2MB)

「AnyWireASLINK」導入事例

Push-in_SU

「AnyWireASLINK」食品生産工場への導入事例はこちら

ダウンロードする(0.9MB)

お問い合わせ
お問い合わせ
TEL/FAXお問い合わせ
関連キーワード
AnyWire ASLINK

関連記事

Categories
  • 注目商品
  • 雷製品特集
  • SIEMENS SINEMA
  • kitagawa-banner
  • 興和化成ダクト加工
  • 2021Q2_PS6000