制御機器、電子部品、IoTプロダクツでソリューションを提供する専門商社

English中文(簡体字)

Web-Expo

PLCとは④ - IEC61131-3 5つのプログラミング言語

Product Search(プロダクトサーチ)

PLCプログラミング言語の グローバルスタンダード「IEC 61131-3」

「IEC 61131-3」とは、国際電気標準会議(IEC)がPLC用のプログラム言語を定義した世界共通の標準規格です。SoMachine Basicは、この規格に準拠しており、 制御システムの開発で、最も普及しているラダー方式(LD:ラダー ダイアグラム)やIL(Instruction List)、SFC( Sequential Function Chart )に対応しています。

※SoMachine Basicでは、SFCをグラフセと表現しています。

SoMachine Basic

読み方は「アイイーシーろくいちちさんいちのさん」でOKです。後の4桁だけをかっこよく「イレブンサーティワン」という人もいます。

PLCは、1969年にModicon(現シュナイダーエレクトリック)が最初に商品化しましたが、プログラミングツールや言語は各メーカーで異なっていたため、欧州を中心に「ハードウェアについてはメーカーの独自性を尊重するが、プログラミング言語は統一しよう」 「誰にでもPLCのプログラムを作りやすくしよう」という概念で、1980年代のフランスとドイツでその原型ができ、その時点でガイドラインの呼称は「1131」でした。

その後いろいろな別規格とくっつき、整理され、今のIEC 61131-3になっています。

「IEC 61131-3」オススメ動画:https://www.youtube.com/watch?v=UZmTIwv8njk

「IEC 61131-3」の5つの言語

日本で普及しているラダーダイアグラムを含む5種類の言語が規定されており、使用者のスキルや目的に合った言語が使うことができます。

言語体系 名称 説明
グラフィック
言語
LD(ラダーダイアグラム) 日本で最も普及しているプログラム言語です。ビット単位の処理には向いていますが、システムが大規模かつ複雑になるほど機能単位でのモジュール化が難しくなってきます。
FBD(ファンクションブロックダイアグラム) 電子部品(ファンクションと呼ばれる箱)と接続する配線により、あたかも電子回路を設計するようにプログラムを記述でき、データの流れもわかりやすくなっています。計装分野を中心に使われています。
SFC(シーケンシャルファンクションチャート) 製造ラインなどの状態遷移を記述するのに適したグラフィック言語です。
テキスト言語 IL(インストラクションリスト) 一連の命令をリストとして記述する方法で、コンピューターのアセンブリ言語によく似ています。アプリケーションの小型化や高速化に有効ですが、他の言語と比べてメンテナンス性に劣ると言われています。
ST(ストラクチャードテキスト) マイコンボードの開発者やC、C++系のエンジニアに向いています。特に数値演算式やデータ処理など、LDが苦手としている用途で効果を発揮します。

より深く学びたい方は、PLCopen JapanのWEBサイト(リンク)を御覧ください。

関連キーワード
シュナイダー

関連記事

Categories
  • 注目商品
  • 雷製品特集
  • SIEMENS IPC
  • kitagawa-banner
  • 興和化成ダクト加工
  • AVEVA