制御機器、電子部品、IoTプロダクツでソリューションを提供する専門商社

English中文(簡体字)

Web-Expo

IoTを実現するためのさまざまな通信機器:センチュリー・システムズ

Product Search(プロダクトサーチ)

遠隔監視や遠隔制御を構築するためには、通信機器が必要となります。通信機器と言ってもその範囲は広く、さまざまな種類があります。当社では、まだネットワークがそれほど普及していない1990年代からさまざまな通信機器を製造販売しており、組込み用ボードからLinux gatewayまで、幅広い種類の通信機器を取り揃えております。

また多くの協業パートナーを持っており、IoT構成部品のそれぞれの提案、ワンストップの提案等、IoTを実現するための幅広い提案が可能です。

IoTを実現する機器のご紹介

センチュリー・システムズでは、IoT/M2Mシステムなどハード/ソフトの開発をサービスも含めてご提供しています。今回は、産業機器のIoT化をいち早く実現するプロトコルコンバーター、IoT Gatewayとモバイルルーターを中心にご紹介します。

RS-232やRS-485をEthernetに変換

プロトコルコンバーター FAシリーズ

図1:FA-210

インターネットへ接続するためには、まずは監視対象となる装置がEthernetのインターフェースを持っている必要がありますが、装置によってはEthernetのインターフェースを持っていない場合があります。 その際に活躍するのが、RS-232やRS-485をEhternetへ変換できるプロトコルコンバーター、FAシリーズとなります。 通常はEthernet用に既存のアプリケーションを変更する必要がありますが、標準実装されているCOMリダイレクターというアプリケーションを使えば、簡単にEthernetへ接続できるようになります。

計測器、センサー等を省電力通信無線化

Wi-SUN、Cat.1、Cat.M1等に対応 XGシリーズ

図2:XG-B50-1-2

RS-232、RS-485、デジタル信号のデータを変換し、省電力通信(Wi-SUN、Cat.1、Cat.M1等LPWA関連)でデータを上位に上げられるようにするのが、XGシリーズとなります。 計測器に組込みができるようにボードでの提供も可能となります。 また非常に低消費電力となり、スリープ時も瞬時に起きることができるため、LPWAの力を最大限に発揮できます。

マイコンOSはオープンソースとなるため、お客様自身による開発(作り込み)も可能となっております。

さまざまな機器をモバイル網へ接続

産業用モバイルルーター AS-250シリーズ

図3:AS-M250

RS-232、RS-485、Ethernet、デジタル信号等をLTEや3G等のモバイル網で繋げるようにするのが、AS-250シリーズとなります。

動作温度範囲も-20〜+60℃(一部-30〜+60℃)と幅広く対応しており、振動も最大加速度4Gに対応しているため、車載など移動設備への搭載も可能となっております。 省電力モードにも対応しており、データ通信が発生しない間は、非常に小さい電力で動作できるような構造となっております。

さまざまな機器を有線LAN、モバイル網へ

VPNルーター NXRシリーズ

図4:NXR-G100KLアンテナ有

NXRシリーズは、前述のAS-250シリーズ同様、さまざまな機器のデータを有線LANやモバイル網へ接続することができる機器となります。

VPNを備えておりますので、セキュリティ性の高いデータ等は、こちらの製品が適しています。

また、ローカルのEthernetを束ねるルーターとしてもご活用いただくことができます。 また、無線AP機能を対応したラインアップもご用意しております。

さまざまな機器をIoT化

Linux gateway MA-Eシリーズ

図5:MA-E360_N

MA-Eシリーズは、Linuxを搭載したGatewayとなります。

Ethernet、RS-232、RS-485、デジタル、アナログ、無線LAN等、さまざまなインターフェースを持つ機器をIoT化することができます。

また、LinuxOSはオープンソースとなるため、XG同様、お客様自身による開発(作り込み)も可能となっております。

最大1GHzとなるCPUを搭載しておりますので、MA-Eシリーズ内部でデータの演算処理や閾値によるデータ選別等も開発(作り込み)により容易にできるため、通信料やクラウド利用料を下げるようなシステム構築も可能となります。

センサー、通信回線、クラウド、その他

自社サービスと協業による組み合わせ提案

図6:センチュリー・システムズ提供ソリューションイメージ

ここまで各種通信機器のご紹介をさせていただきましたが、IoT化を実現するためには、センサー、回線、クラウド、見える化するための仕組み、AI手法等も必要となってきます。 当社では、上記提案において、自社のシステムだけでも提案可能ですが、センサーメーカー、PLCメーカー、通信事業者、クラウド事業者、BIツールやAIアプリケーションメーカーと協業しており、お客様に最適な解を見つけた上で、自社システムおよび協業先との連携により、ご提案することができます。

また、通信機器メーカーとしての長年の実績により、システム設計、ネットワーク設計等のコンサルティングから、設定と設置等のキッティング業務も対応することが可能です。 さらには各種保守(先出しセンドバック、24h365dayオンサイト等)や各種保証(5年保証パック、7年保証パック等)について、数多くのメニューを持っております。

これら、IoTに必要な材料を全て提案可能な体制をとっているため、トータルで提案することが可能となります。

IoT化でお悩みであれば、まずは一度ご相談いただけると幸いです。

IoTのご相談は高木商会へ

商品について相談する

関連キーワード
センチュリー・システムズ

関連記事

Categories
  • 注目商品
  • 雷製品特集
  • SIEMENS SINEMA
  • kitagawa-banner
  • 興和化成ダクト加工
  • 2021Q2_PS6000