制御機器、電子部品、IoTプロダクツでソリューションを提供する専門商社

English中文(簡体字)

IoT/M2Mソリューション

HG-Sシリーズ 接触式デジタル変位センサ|パナソニック

Product Search(プロダクトサーチ)

精度がよくてボディはスリム、センサヘッドは壊れにくく、しかもコントローラが多機能。現場の声をカタチにした光学アブソリュート方式「接触的デジタル変位センサ」の誕生です。

センサヘッドの主な特長

センサヘッドの主な特長
  • 平軸受け2点支持構造で剛性が大幅アップ
  • 金属ガイド回り止め構造で、変形や磨耗などの劣化に起因する計測不良やガラススケールの破損リスクを大幅に軽減
  • 垂直摺動回数 2億回以上(HG-S1010 / HG-S1110の値)
  • 高解像度センサで読み取ることで、高速で測定しても「値飛び」を起こすことなく正確に測定でき、また「ゼロ点忘れ」の心配もなし
  • 分解能0.1μm、指示精度1μm以下の高精度センサヘッド
  • 先端軸ブレ量35μm以下(HG-S1032/HG-S1050は40μm以下)

エア駆動タイプなら

  • エアの供給・開放により、スピンドルが上下に動作するので、センサヘッド自体を上下に移動させるための機構設計が不要
  • 本体のシールキャップを取り外すことで、低測定力で測定することが可能
  • 横荷重摺動回数:1,000万回以上(代表値)

一般タイプなら

  • 横荷重摺動回数1億回以上(HG-S1010 / HG-S1110の値):横荷重への耐久試験を独自に実施
  • 耐衝撃: 約200G、耐振動: 約20G
  • スピンドルストッパーを下部に設置し、不意の突き上げが起きてもその衝撃をスピンドル下部でブロック
  • コントローラの電源を入れたままセンサヘッドを交換する「活線挿抜」を行なっても、故障・破損の心配はなし

コントローラの主な特長

コントローラの主な特長
  • 2段デジタル表示で、センサヘッド測定値(実測値)と判定値(演算値)を同時に表示可能
  • 高コントラストでくっきりと見やすく、高視野角を実現
  • 許容される範囲内なら緑色表示、範囲外なら橙色表示になる、直感的にわかりやすいサークルメータを搭載
  • 機能別コピーにより、初期設定やメンテナンスの工数を大幅に削減
  • すべてのセンサヘッドとの組み合わせで高速応答3msを実現
  • センサヘッドの突き上げ異常値、突き上げ回数、使い始めからのスピンドル累積稼動距離(m)を記憶するメンテナンスモードを搭載
  • 設定値以上の突き上げ(ストローク)があった場合に、アラームで出力可能
  • マスターワークにあわせてENTERキーをワンプッシュするだけで、簡単に公差設定可能
  • セルフトリガホールド機能搭載で、スピンドル停止時の振動による「測定値振れ」を抑制することが可能
  • 子機を最大15台まで連結可能

アプリケーション事例

  • カップリング組み付け後の高さ測定
  • カシメ後のリベットの高さ測定
  • ねじ締め後の高さ測定
  • シャフトの寸法測定
  • X-Yテーブルの位置決め
  • タブレットの平坦度測定

関連リンク

製品カタログダウンロード

接触式デジタル変位センサ HG-Sシリーズカタログをダウンロードしていただけます。

ぜひご参照ください。

資料をダウンロードする

お問い合わせ
お問い合わせ
TEL/FAXお問い合わせ
関連キーワード
パナソニック HG-Sシリーズ

関連記事

Categories
  • PSU6200
  • kitagawa-banner
  • 興和化成ダクト加工
  • スタンレー電気LED
  • EcoStruxure Augmented Operator Advisor